遅ればせながらFedora 18にした、ら、backupに失敗するようになった。

Nobuo Danjou
2013-04-16T16:40:20+0900

恥ずかしいことに、バックアップディスクをマウントできず、更地のマウントポイント(つまりローカルディスク)にバックアップをガリガリ書いてdiskfullしてしまいました。はずかしー!

バックアップの構成は↓のままでした。

http://journal.soffritto.org/entry/507

で、問題は

mount -t cifs //backup.local/share /mnt/

というふうにすると、

Password for root@//backup.local/share:  ******* 
mount error(22): Invalid argument
Refer to the mount.cifs(8) manual page (e.g. man mount.cifs)

というようなエラーが出てくる。/var/log/messagesには

Apr 16 16:34:02 claudia kernel: [98966.932244] Status code returned 0xc0000002 NT_STATUS_NOT_IMPLEMENTED
Apr 16 16:34:02 claudia kernel: [98966.932265] CIFS VFS: Send error in SessSetup = -22
Apr 16 16:34:02 claudia kernel: [98966.932626] CIFS VFS: cifs_mount failed w/return code = -22

のようなログが残っている。で、「Status code returned 0xc0000002 NT_STATUS_NOT_IMPLEMENTED」でググって答えはいかにありました。

で、↓が答えでした。

mount -t cifs //backup.local/share /mnt/ -o sec=ntlm,username=me